ジニエブラエアーの洗濯方法ってどうすればいい?

ジニエブラエアーを少しでも長く使えるようにするためには大切に扱うことが大事です。下着を傷めてしまうのは洗濯するときが最も多いですから、正しい洗濯方法を知っておくことが必要になりますよ。

 

ということで、ジニエブラエアーの洗濯方法について簡単に知っておきましょう。

 

最も理想的な洗い方としては手洗いで揉み洗いするのが一番素材に優しいですが、さすがに手洗いは面倒ですから、洗濯機を使うことになると思います。

 

洗濯機に入れるときは100均などで売っている洗濯ネットに入れて、手洗いコースや弱水流での洗濯をしてください。洗濯ネットを使うのと使わないのとでは素材の傷み方に違いができますよ。

 

洗濯するときに素材が傷むのは洋服同士が擦れあう摩擦による傷みです。洗濯ネットを使うことでジニエブラエアーと他の洋服が擦れることを防ぐことができるので、長く着用したい方はぜひ使ってくださいね。

 

ちなみに、ジニエブラエアーにはパッドがついていますが、わざわざ外す必要はありませんし、むしろ外してはいけません。パッドをつけたまま選択してください。パッドを外してしまうと形が崩れてしまうので外すのはやめましょう。

 

他にもアイロンがけや漂白は行わないように注意喚起されていますので、注意してくださいね。

おすすめの干し方はコレ!

洗濯をするときの注意点について確認したので、次に干し方に関しても確認しておきましょう。

 

ジニエブラエアーの干し方ですが、アンダー部分を上にして洗濯ばさみで挟んで陰干しにしてください。

 

肩部分にハンガーを引っ掛けたりせず、さかさまの状態で干すということですね。重力の関係で水分は上から下に向かって徐々に乾いていくので、生地の面積が多い部分を上にした方が早く乾くのですよ。

 

生地に負担をかけないようにするために陰干しをするのですが、陰干しをすると日向で干すよりも乾きにくくなりますから、アンダー部分を上にして干すようにしましょうね。

 

正しい干し方をすることで生地の負担を軽減させることができますし、そうすれば長い期間快適にジニエブラエアーを着用し続けることができますから、干し方にも気を遣ってみてください。

 

ちなみに、洗濯物は干してから5時間以内に乾き切るようにするのが大事と言われます。これ以上時間が経ってしまうと生乾き臭がしてきてしまうので、できるだけ短時間で乾くような工夫をしてあげてください。

 

もし、天気が悪かったり、冬の時期で乾きにくいときは扇風機やサーキュレーターなどで風を送ったり空気を循環させたりして乾きやすい環境を作ってみてくださいね。